Q&A

 みなさまから頂くよくある質問を掲載しました。どうぞ参考にしてください。


業務の流れを教えてください。
毎月貴社にお伺いして、領収書・請求書等の会計資料と帳簿のチェックを行っていきます。 それに基づき、経営状態の報告・税務相談・決算対策などを行います。それを毎月繰り返し、年1回の決算申告を行います。
会社にはいつ来るの?
ご契約から立ち上げまでは集中的にお伺いしますが、その後は基本的に毎月1回のご訪問となります。 日程は、毎月の監査の時に、お客様のご予定をお聞きした上で次月の訪問日を決めることになります。
他の業務が忙しいので、帳簿を作成してもらえますか?
月次巡回監査とセットに行う記帳代行入力はお引き受けしています。 ただし、その場合でも、必要最低限のことはやっていただくことになります。
決算対策では何をするの?
申告期限ぎりぎりになって税金の話しをしてもどうしようもありません。そのため、決算の2~3ヶ月前に予測をして、計画的な納税、節税対策を行っていきます。
経営面での相談にのってもらえますか?
弊社では、税務・会計・人事・労務・法務・金融機関の融資から、OA機器・リース・リスク管理・セキュリティ対策・経費の削減対策まで行っております。まずはお気軽にご相談ください。
まだ期の途中だけど、契約は新年度からになるの?
いつからでも結構です。ご契約の時点から業務を開始させていただきます。 ただし、決算には1年間のデータが必要なため、それまでの帳簿ができていない、又は最初から入力しなければならないといった場合には、ご契約時点までの追い付き入力作業の報酬が必要になります。
会計ソフトは何を使っていますか?
TKCの「FX2」とOBCの「勘定奉行」を使っています。 その他のソフトの場合は原則としてお断りしています。どちらのソフトを使用するかは、お客様がどのような業務をご希望なされるかによって判断します。
給与や販売管理などもソフトを使いたいのですが。
ソフトの種類には、給与計算・販売及び購買管理・ネットワーク対応型・上場企業会計適用型が揃っていますのでご安心ください。 また、業種別としては、「医業会計」「社会福祉法人会計」「建設業会計」「公益法人会計」などもご用意しております。
月々の顧問料はいくらですか?
顧問料については、会社の規模・年商、またどこまでの業務内容をご希望されるかによっても変わりますので、一度お会いして決めさせていただくことになります。 まずはお気軽にお問い合わせください。顧問料の目安としては、料金表をご参照ください。
報酬の支払い方法を教えてください。
毎月12日に当月分を銀行口座引落によりお支払いいただきます。
決算料はいつ支払うのでしょうか?
決算料のお支払いは、(1)申告月(例えば3月決算ならば5月)の翌月(6月)に月額報酬と合算しての引落となります。 ただし、(2)月額報酬と決算料の合計額を12で割った一定金額を毎月引落する方法もお選びいただけます。
税務調査の立ち会いの料金は必要ですか?
月次顧問契約のお客様については、別途報酬は頂いておりません。
給与計算事務の代行はしてくれますか?
別料金にてお引き受けしております。 また、給与ソフトもご用意しておりますので、ご自身で簡単に給与計算ができるようなご支援もしております。
給与計算事務代行のみをご希望の場合には、別途ご相談ください。
銀行借入の相談にのってくれますか
金融機関のご紹介、申込の際に必要になる経営計画書・資金計画書などの作成を行っています。
保険の相談をしたいのですが。
退職資金や事業継続資金などの必要保証額の算定により、生命保険のアドバイスを行っております。 それは当事務所が、お客様の経営内容を一番理解しており、保険加入の目的を明確にできるからです。 保険内容についても、複数の生命保険の中からお客様に有利なものを選んでいただきます。
法律相談や、就業規則などで困ったときは?
弁護士・司法書士・社会保険労務士・不動産鑑定士など、他士業とのネットワークがありますので、すぐにご紹介いたします。